理科の気まぐれ話カテゴリー

じっくり観察動物園!

こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日は、本当に寒い日になりましたね!

毎年、センターの日は寒い日と決まっているのでしょうか?

 

ウィルビーからは、1人センター試験を受けにいっております。

 

いつもとは違う会場に、いつも違うメンバー・・・

雰囲気も違って緊張することまちがいなしですが、

今までの勉強分、しっかりがんばってほしいです!!

 

さて、本日は以前に入りました本を紹介していきます!

 

 

ほんとのおおきさ 動物園

学研教育出版より

 

水族館の次は、動物園!

 

子どものとき、遠足などでよく行った動物園。

 

しかし、そのときは「うわ~パンダだ~!」と本物を見たときの感動のみ。

 

本当は、実物を見て、近づいて触って観察したいけど・・・

動物園じゃそんなことはできない!

 

そこで、この本でじっくり動物の顔を観察してみては?

 

画質がよく、実物を見ているかのような写真なので

毛は硬そうなのか、柔らかそうなのか、

鼻は湿っているのか、乾いているのか

目の形はどんなのだろうか・・・などいろいろな発見ができるのではないでしょうか?

 

さらに、本に出てくる棒人間たちの発見が書かれているので

自分が発見できなかったことも、発見でき、じっくりと写真を眺めてしまいます。

 

その他にも、その動物に関する豆知識が載っていたりして

さらに動物に詳しくなれます。

 

見開きのページが出てきたりと

子どもを飽きさせない作りになっていますので、

動物好きの人はぜひ手にとって読んでみてくださいね!

 

これを持って、動物園に行けば、もっと動物のことに詳しくなれるかもしれませんよ!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー (will be)

びっくり仰天絵本~水族館編~

こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日も寒い日が続いてますね。

こんな日は、あったかいお鍋でも食べて

体も心もあったまりたいですね~。

 

さて、本日は、以前に追加した本の紹介をしていきます。

 

 

さかなクン監修 実物おさかな大図鑑!!!

 

今回紹介するのは、図鑑です。

 

小学館の図鑑NEOシリーズ 本物の大きさ絵本

『原寸大 すいぞく館』

 

表紙には、どアップの魚が写っており、

印象に残る本になっています。

 

登場するのは、魚だけではなく、

サメやクラゲ、タコなど海の動物がたくさん出てきます。

 

大阪は、海に囲まれているとはいえ、

魚や他の海の動物などは、見ることがほとんどありません。

 

名前も姿も知っているけど、

実際の大きなまでは、想像できない!!という人は、

ぜひ読んでみてください!

 

水族館でしか味わえない実際の大きさを想像しやすくなります。

 

さらに、それぞれの動物についての豆知識も書いていますので、

その動物について詳しくなれますよ!

 

私も水族館が好きで、行くことが多いのですが

水族館では名前が紹介しきれない魚などが登場し、

初めて知れたことが多かった本になります。

 

魚などが苦手な人は、リアルな写真に「うわ~~!」と驚くものもあるかもしれません。

 

実際の大きさの写真ですので、細かいところまで見ることができ、

じっくり観察することができますよ!

 

これを持って水族館へ行くのもいいかもしれません!

写真と実際を照らし合わせると、新たな発見ができるかもしれませんよ!

 

 

ウィルビーでは、勉強以外のことについても

たくさん興味を持ってほしいと思っているので、面白そうな本などを

教室に置いていきます。

 

興味がある方は、ぜひお立ち寄りください。

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー (will be)

虹の色って何色?

こんにちは、教室長のこうちです。

 

昨日はあいにくの雨でしたが、今日はきれいな晴天!!

 

そして、2019年を締めくくるかのように

大きな大きな虹がかかっていました!!

 

何かいいことがありそうな予感がします!

 

 

虹の不思議

ところで、虹は何色でしょうか?

 

日本では、赤・オレンジ・黄色・緑・水色・青・紫ですよね!

 

実は、海外では7色ではないんです!

アフリカでは、8色

アメリカでは、6色

ドイツでは、5色

インドネシアは、4色

台湾は、3色

南アジアでは、2色

だそうです!

 

では、なぜ7色になったのでしょうか?

 

実は、音楽と関係しているんです。

音楽には、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」という音階があります。

 

ニュートンが、その音階と、虹の色が一緒だ!! と結論つけたかったために

虹は7色だ!と言い切ったのだそうです。

 

そのニュートンの説は、西洋文化として日本に入ってきました。

そのときから、日本では7色の文化が根付き、「虹は7色」という常識になったのです。

 

そして、日本にはたくさんの色があります。

青だけでも、「水色」「群青色」「藍色」など・・・

色が多い国では、虹の色も多く、色の種類が少ない国は、虹の色も少ない傾向にあるようです。

 

 

虹の付近では、晴れているのに雨が降っていることが多いので

お出かけのときは、傘を忘れずに持って行ってくださいね!

 

明日で、今年の開校日が最後となります。

気になることは、年内に聞きにきてくださいね!

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー (will be)

TRIP TO TAIWAN PART1

こんにちは、教室長のこうちです。

 

すっかり街路樹のイチョウは色づき、

ぎんなんの匂いがぷ~んとしてきましたね。

 

今の気温くらいが秋のはずだったのですが・・・

暖冬がどんどん進んでることを実感します。

 

さて、先日、私が初めて行った台湾についてお話していきます。

 

 

日本の名残が今もなお見れる 台湾

 

台湾は、今の日本人にとっては手軽に行ける観光地として有名ですね。

1回行けば、台湾の魅力にはまり、年に何回も行ってしまったり・・・という話を

よく聞きます。

 

台湾は、沖縄より少し下に位置しており、

南国ならではの気候になっています。

 

日本から近いということもあり、戦時中は日本領になったこともあります。

そのため、現在でも明治時代によく建てられていた赤レンガを使った建物が

まだたくさん現存します。

 

現在は、中華民国として自治していますが、

文化の交換は頻繁で、タピオカやチーズティーなどいろいろな食べ物が日本に輸入され、

ポケモンや音楽などは台湾へ輸出されています。

 

現地では、ガイドさんは日本語がとっても上手ですし、

タピオカ屋さんや夜市へ行っても日本語が通じることがあります。

 

しかし、トイレや店の看板などに日本語表記はなく、

中国語か英語・・・英語の必要性をとっても感じました。

 

日本人がよく行くところは、日本語表記も増えてきましたが、

日本から外へ出れば、英語表記ばかりです。

 

学生のあいだは、必ず学ばなければならない英語ですが、

身につけておけば、絶対自分を助けてくれるので、

今のうちに、しっかりと勉強しておいてくださいね!

 

今年が終わるまでもう少し!!

風邪を引かないように注意して、楽しんでくださいね!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー (will be)

教科別テスト対策【中学理科編】2分野

顕微鏡

こんにちは、教室長のこうちです。

 

本格的に寒くなってきました。

私は、週末に箕面大滝へ紅葉を見に行ってきたのですが、

とってもきれいに色づいていて、少し遅い秋を感じることができました!

 

さて、前回は、中学生理科の1分野の勉強法について紹介しました!

 

本日は、2分野の勉強法について紹介していきます!

 

 

2分野

続いて2分野(生物・地学)についてです。

 

 

生物分野

一番身近に感じやすい生物分野。
人の器官の話であったり、動物や植物の話がほとんどです。

 

日常で一番よく使う分野ですので、授業中に違う言葉で出てくると
なかなかピンとこないかもしれません。

 

そこで、授業中の出てきた言葉を日常でどう使われているかを考えてみてください。

例えば、人間の器官の話であれば今食べたものは、食堂を通り、胃に行き、腸へと移動しているんだなあ・・・とか、

それだけでも理解が早くなり、覚えやすくなります。

 

また覚えておくと、普段の生活でも役立つことがありますので、常識なんだと思って覚えてみてください。

理科の実験室

 

地学分野

地学の分野は、大きすぎて体感することが難しい分野になります。
しかし、単純な暗記が多い分野にもなりますので、覚えておくと高得点を取れるかもしれません。

 

計算問題も多く出てきますが、パターンはいつも一緒ですので、

1問を3回ずつ同じような問題を5問解き、計15回ほど解くと解き方が身につき、スラスラっと解けるようになります。

勉強する中学生

ひとりで解くには、想像力がいるので、わからなければ、先生に質問して理解できるまで、質問攻めにしてみてください。

意識すると、日常でも体感できるようになりますので、ぜひ空を眺めてみてくださいね。

 

 

まとめ

ということで、今回は中学理科の勉強法についてお話しました。

 

中学生で学ぶ理科は、1・2分野に分かれていて、さらに化学・物理・生物・地学に分かれています。

どの分野もまずは、「理解」できるようになりましょう。

 

理科は、分野が分かれていて勉強しやすい教科です。

今日は、「1分野をしよう!」など分野ごとに勉強する範囲を決めて勉強してみてくださいね!

そして、わからなければすぐに先生に聞く!!!

 

理解した分だけ、どんどん解きやすくなり、高得点を狙える教科になりますので、ぜひ力を入れて勉強してみてください!

 

 

そろそろ期末テストが近づいてきました!

ぜひ、ワークから手始めにやってみてくださいね!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )

教科別テスト対策【中学理科編】1分野

顕微鏡

こんにちは、教室長のこうちです。

 

最近、ものすごく寒くなってきましたね。

暖冬といううわさもありますが・・・冬はやっぱり寒くなりそうですね。

 

今回は、中学生の理科の分野別勉強法について、お話します!

 

「理科は難しい」というイメージを持っている人は多いと思いますが

理科の勉強のコツを覚えれば、高得点が取りやすい教科ですので

ぜひ参考にしてみてください!

 

理科は、「理解」からの「暗記」!

理科の実験室

 

中学校で学ぶ理科は、1分野と2分野に分かれています。

 

1分野は、主に「化学」「物理」と言われる分野で

化学式や電気のしくみなどについて学びます。

 

2分野は、主に「生物」「地学」と言われる分野で

体のしくみや地球のことについて学びます。

 

暗記だけの社会とは違い、理解が必要な教科になりますので、
授業のときや問題を解くときに理解しながら勉強することがポイントとなります。

 

では、今回は、1分野のみ紹介していきます!!

 

 

1分野 理科の勉強法

まずは1分野(化学・物理)についてです。

化学分野

化学では、目に見えないことを学ぶため

想像がしにくく理解もしにくい単元です。

 

想像ができないことであることに加え、アルファベットを使った式も出てきて

さらにわけがわからない状態になってしまうと思います。

 

そんな想像しにくい化学は、まず物質の名前と性質を覚えましょう。

 

そして、その物質をキャラクター化しましょう。笑

 

授業や問題で出てきた物質の名前と化学式、性質を覚えておくだけで、

想像しやすくなり、理解が早くなります。

 

例えば、二酸化炭素(CO2)であれば、空気より重く、石灰水を白くにごらせる働きがある。そして、酸素と炭素がくっついたものだ。

 

これだけ覚えていれば、問題に出てきたときに、

想像しやすくなり解きやすくなります。

 

さらに、「二酸化炭素ちゃん」みたいに、

自分だけの名前をつけて親しみやすくしましょう。

そうすることで、記憶に残りやすくなり、すぐに思い出せるようになります。

 

物理分野

物理は、体感ではわかるけど、

計算などで数字に置き換えなければならない分野になります。

 

そのため、体ではわかっているけど、計算問題ができない・・・

という状況になりやすい分野になります。

 

計算問題を解くためには、

まずは、実際にどうなるのかを体感することが大切です。

 

だから、学校の実験の授業に積極的に参加しましょう。

何のために実験しているのかなどは、わからなくても大丈夫!

「実際に自分が体験した。」ということが大切になっています。
ぜひ実験道具で遊んでみてください。

 

それから、問題を解き、わからなければ先生に聞きましょう。

 

学校の先生であれば、実験道具を使って説明してくれるかもしれません。
ウィルビーであれば、言葉でも教室内にあるものを用いて説明します。

 

わからないことは、そのままにしておかず、必ず聞いて解決していきましょう。

 

次回は、2分野の勉強法を紹介していきます!

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )

高知県ってこんなとこぜよ! part1

こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日の空は、変わった雲が浮かんでいます。

海のように見えるきれいな空でした。

 

さて、本日は、以前に行きました高知県についての紹介です。

 

どこにあるでしょう?! 高知県!!

 

高知県ってどこにあるか知っていますか?

 

都道府県を覚えていなければ、あまりピンとこないかもしれません。

 

高知県は、四国の一番下にゆるいカーブを描いて位置しています。

 

大阪からだと車で、5時間くらいで高知に入ることができます。

 

高知県といえば、四万十川が有名で、

夏になると川遊びで人がいっぱいになります。

 

しかし、そこまで行くのに、高知に入ってから

さらに3時間ほどかかるという横にひろーい県になっています。

 

 

歴史ある桂浜

 

今回は、四万十川は行っていないのですが、

次回、夏にアクティビティをしに行ってみたいですね!!

 

今回訪れたのが、坂本龍馬で有名な桂浜。

 

浜には、大きな大きな坂本龍馬像が建っています。

 

ここは、海水浴場ではないので、とても水がきれいでした。

 

しかし、明治維新のときに苦労を表すかのように、激しい波が岩にぶつかっていました。

 

階段を上っていくと、小さな神社があるのですが、

その神社から下の海をのぞくと、切り立った岩がたくさんあり、

落ちたらひとたまりもないだろうなあ・・・と思いました。

 

そんな桂浜には、地元の海に住む魚をメインに展示した水族館があります。

 

高知県は海鮮でも有名で、おいしい魚がたくさんいます。

 

展示されている魚は、食べれる魚が多く

手書きの説明のところには、おすすめの食べ方が丁寧に書かれていました。笑

 

魚だけではなく、アシカやトドもおり、

今回は、トドショーを見ることができました!

 

トドショーでは、トドが逆立ちしたり、ジャンプしたりとパフォーマンスもすごかったのですが、

中でも、手をのばせば届くくらい近くでトドを見れることがすごかったです。

 

大きな口の中を見せていただき、魚を丸呑みする光景も見ることができました。

 

パフォーマンスだけでなく、トドの生態を知ることができることは

子どもたちにとっては珍しく楽しいことではないでしょうか?

 

水族館の中には、他にもペンギンやカピバラなど動物もたくさんいましたので

桂浜に行った際には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

 

今日から期末テスト2週間前です!!!

 

準備は、そろそろ始めていますか?

 

ワークには、そろそろ手をつけていますか?

 

今回も500円のポッキリテスト対策講座を実施します!!

 

ご希望の方や、詳しく内容を知りたい方は、ぜひお電話を!

直接、塾に来てくださってOKです!

 

お待ちしております!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )

静かに夏の終わりをつげてます。

こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日の雨は、とても冷たい雨ですね・・・

 

このあいだまで半袖を着ていたのに・・・

長袖の上に、上着を羽織ってちょうどいいくらいな気温になってしまいました。

 

日中と朝晩の気温が、急激に違いますので

温度調節をしっかりとして、風邪を引かないように気をつけましょう!

 

さて、本日は、夏の終わりをつげる植物をご紹介!

 

これ、なーんだ??

 

近所に生えているのを見たことがあるでしょうか?

 

それとも、小学1年生のときに育てたのを覚えているでしょうか?

 

植物は、きれいに花を咲いているときが一番印象に残ります。

散ってしまったあとは、なかなか記憶に残らないのではないでしょうか?

 

そろそろわかりましたか?

 

正解は、朝顔の種!!!

 

種は、黒っぽい石みたいな形をしていますが

種を覆っている子房は、カラカラに乾いて茶色に染まります。

 

そして、あるとき、パンッとはじけて

種が飛び散るのです。

 

その種は、来年の夏にまた花を咲かせます。

 

そうして植物は、自分の子孫を残していくのです。

 

こうやって、朝顔が茶色くなり、種を作り始めたら

夏が終わったんだなあと、しみじみ感じさせてくれますね。

 

秋は季節の中でも、特に短いので

ぜひいろいろな秋を見つけてみてくださいね!

 

 

秋の最後には、期末テストが待ってるぞ!

 

もうすぐハロウィンですね!

しかし、ハロウィンが終わると11月・・・・

 

そしてやってくるのが、期末テスト!

 

普段なかなか点数が取れない・・・

部活との両立をしたい!

 

期末テストへ向けたテスト対策をいっしょに始めませんか?

 

「テスト1週間前から始めればいいや~」なんて甘い!!

 

特に、社会・理科は毎日授業で学んだところを復習していくだけでも

ものすごく点数が取れる教科なのです!

 

つまり、テスト対策を始めるなら今!

 

1ヶ月前から少しずつ始めて

周りとの差をつけてみませんか?

 

気になった人は、ぜひウィルビーへ!

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )