こんにちは、教室長のこうちです。

 

本日は、10月最終日!

 

・・・10月31日、ハロウィーン!!!

 

3年ほど前は、日本でハロウィンなんて

見向きもされてなかったのですが・・・

 

去年の渋谷のハロウィンのように、少しずつ人気なイベントへと変化してきましたね。

 

しかし、ハロウィンの本当の意味を知っていますか?

 

今日は、ハロウィンについてお話しようと思います。

 

 

本当のハロウィンって??

 

ハロウィンといったら、何を思い浮かべますか?

 

仮装すること? かぼちゃ? おばけ? こうもり?

 

いろいろありますが、それぞれにちゃんと意味があるんですよ。

 

 

ハロウィンの始まりって??

 

ハロウィンの始まりは、今から遠い昔、紀元前の古代ケルト人から始まりました。

 

ケルト人は、今でいうアイルランドに多く住んでいた人々です。

 

そのケルト人たちが、 ” 収穫祭 “ ” 年越し “” お盆 “ を合わせた行事が

今のハロウィンなのです。

 

ケルト人は、一度に盛大なお祭りを開催していたんですね~

 

秋は、実りの秋ということで

多くの食物が旬を迎えます。

 

その実りに感謝して、盛大なお祭りをしていました。

 

さらに、ケルト人にとっては、11月1日が、元旦!

 

つまり、10月31日は、『大晦日』にあたるのです。

 

そのため、年越しのお祭りとしても開催していました。

 

そして、10月31日は、死後の世界との扉が開くと信じられており、

先祖の霊が戻ってくるといわれていました。

 

先祖の霊をお迎えする形としてのお祭りでもありました。

 

 

仮装にはちゃんと意味がある!

 

ハロウィンといえば、仮装!

 

毎年、ユニバーサル・スタジオ。ジャパンや、ディズニーでは

さまざまな仮装をしています。

 

今日の夜は、梅田や心斎橋もさまざまな仮装をしている人たちで

あふれかえっていると思います。

 

その仮装は、死後の世界から来た悪魔や魔女、悪い霊などから

仲間だと思わせて、身を守るためのものだったのです。

 

ドラキュラなどのモンスターは、アメリカに渡ったあとに仲間入りします。

 

 

ハロウィンには欠かせない○○!

 

ハロウィンといえば、かぼちゃ!

 

日本でよく食べられる緑のかぼちゃではなく、

色鮮やかなオレンジのかぼちゃに、顔をくりぬいた『 ジャック・オ・ランタン 』

 

これは、「ジャックくんのランタン(ランプ)」のことで、

民話が元にされています。

 

ケルト人のときには、かぼちゃではなくカブが使用されていましたが、

アメリカではかぼちゃのほうが、よく獲れたので、かぼちゃが使用されています。

 

その民話というのが、

 

意地悪なジャックくんは、ある悪魔に出会いました。

ジャックくんは、その悪魔をだましてしまったために、死んでも天国へも地獄へも行くことができませんでした。

どこへも行けないジャックくんは、カブで作ったランタンを持って、永遠に闇夜をさまよい続けているのでした・・・

 

というお話です。

 

つまり、かぼちゃのことをジャック・オ・ランタンというのではなく、

ランプ自体のことをジャック・オ・ランタンというんですね。

 

 

トリック・オア・トリート☆★

 

日本では風習として根付いていない『トリック・オア・トリート』。

 

言葉の意味としては、「いたずらか!お菓子か!」という意味で

「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」という意味になります。

 

日本でも東北地方の七夕祭りにあるように、

家を回ってお菓子をもらう習慣がケルト人にもありました。

 

それが、このハロウィンのときにも行われたのです。

 

お菓子は、魔よけの力を持っており

しっかりとハロウィンには欠かせないものとなっているのです。

 

 

 

今日は、教室でもハロウィンの飾りつけをしています。

ぜひ 「 トリック・オア・トリート!! 」 と遊びにきてくださいね!

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー (will be)