こんにちは、教室長のこうちです。

 

1月17日は、阪神淡路大震災の日です。

今日で、25年が経ちました。

 

私は当時4ヶ月の赤ちゃんでしたので、

全く記憶には残っていません。

 

当時のことを母に聞くと、まだみんな寝ている午前5時46分、

がくんっ!と縦に振動が起こり、そのあと振り回されるかのような横揺れを感じたそうです。

 

家具などが倒れることはなかったそうですが、

突然の出来事に何がどうなっているかわからない状態だったそうです。

 

その後、兵庫県の被害がひどいとわかると、

父は原付バイクに乗って友人と、水や食料などの物資を届けに行ったそうです。

 

しかし、地震の影響で道路が通行止めになっており、

大阪の途中までしか行けず、物資のみを託し帰ってきたそうです。

 

 

一番被害が大きかった神戸市六甲は、

今ではきれいな住宅街になり、電車も通っている住みやすい街になっていますが、

当時は、駅の上を通っている線路が横に倒れ落ち、家々が倒壊し、立っているものがなかったと言います。

 

全くの更地になってしまった六甲では、

土地の権利争いが置き、家を再建する際に

建築家たちを困らせたというエピソードがあります。

 

 

阪神淡路大震災以降、東日本大震災が起き、

次の大きな地震は南海トラフ地震ではないかと予想されています。

 

地震は、残念ながら予想はできたとしても食い止めることはできません。

次の南海トラフ地震では、ここ大阪も被害の範囲に入っています。

 

日本は世界でも特に地震が多い国です。

頻繁に地震が起き、「また地震か。」と慣れてしまっては困ります。

 

大きな地震が来たら?家がなくなったら?

もしものときは、突然やってきます。

 

そのもしものときのため、こういう日くらいは

地震が本当に起きたら?を想像して、もしもに備えておいてくださいね。

 

 

阪神淡路大震災で亡くなった方々へ

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー (will be)