こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日は、きれいな晴れですね!

最近、曇り空や雨が多かったので

なんだか気分まで晴れやかな気持ちになりますね!

 

さて、本日は、『立春』

 

暦上では、春になります。

 

毎年、まだまだ寒いので

「寒いし、春じゃないなあ・・・」と思っていましたが

今年は暖かくしっかり春になってしまいましたね。

 

さて、本日はこの立春についてご紹介していきます。

 

カレンダーの数字の横に書かれている

小さな漢字を発見したことはありますか?

 

祝日ではなく、平日なのになんだろう?と

不思議に思ったことはありませんか?

 

これは、二十四節といって昔の中国の時代に作られたカレンダーなのです。

 

今では、1年は12ヶ月あり、数字を見て過ごしていますが、

昔は、四季を基準にして名前をつけたのです。

 

この二十四節の中でも、基準になるのが

「二至二分」「四立(ししゅう)」です。

 

この2つを合わせて、「八節」といいます。

 

 

その中で、立春は、春の始まりを意味します。

 

さらに、1年の始まりでもあります。

 

私は、日本の年度が春始まりなのは、

ここからきているのではないかと思っています。

 

他にもいろいろな八節があるので

ぜひ調べてみてくださいね!!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー (will be)