こんにちは、教室長のこうちです。

 

本日は、春一番かな?と思える強い風が吹いてますね!

 

いろいろなものが吹き飛ばされそうになっていますので

道中など気をつけてくださいね!

 

さて、昨日に引き続き、ひなまつりについてです。

本日は、ひなまつりの食べ物についてご紹介していきましょう。

 

 

ひなまつりに食べる定番のお菓子

ひな壇にかざられる菱餅(ひしもち)

 

3色にわかれていて、下からピンクとなっていることが多いですね。

ものによっては、白→ピンクの順番のときもあります。

 

この色は、それぞれに意味がちゃんとついているんですよ。

健康と長寿の願いがこめられており、

ヨモギ(蓬)を使って色をつけていることが多いです。

 

この使われているヨモギにも意味があり、

強い香りがするので、厄除けの効果があるそうです。

 

清浄・・・清らかで穢れがないことを意味しています。

この白にも原料があり、菱の実(ひしのみ)を使っています。

 

このひしの実は、繁殖力があるので子孫繁栄の意味があったり、

仙人が食べていたことから、長寿の意味があったりします。

 

ピンク

桃の花をイメージしており、梔子の実(くちなしのみ)が使われています。

赤色は、魔除けでよく使われる色なのです。

 

また、菱餅の形は、心臓の形だとも言われ、

「1年中娘が健康でいれますように」という親からの願いだといわれています。

 

 

 

実は菱餅だったひなあられ

菱餅は飾りで食べれないこともありますが、

よくお菓子としてつまんでいたのは、ひなあられ

 

調べていて初めて知ったのですが、

ひなあられは、関西と関東では形も味も違うらしいのです!

 

関東

ポン菓子のような形で、甘い!

 

関西

あられの形をしていて、醤油味!

 

私は関西出身なので、あられ型のひなあられを食べていたましたが、

関東のひなあられは、どんな感じなのでしょうか?

 

一度食べてみたいですね!

 

ひなあられとは、もともと菱餅を砕いて

醤油または砂糖にからめて、炒ったものです。

 

昔は、「ひなの国見せ」という人形を外に持ち出して

いろんなところを見せてあげるという風習がありました。

 

そのときに、持ち歩いていたのが、ひなあられだったそうです。

 

ひなあられの色には、3色と4色があります。

3色は、菱餅と同じ意味なのですが、

4色は、四季を表しているそうです。

 

あの素朴な味が、私は大好物で

このひなまつりの時期は、毎日のように食べていました笑

 

今年も食べようかな?

 

 

明日は、ひなまつりの飾りについてお話していきます。

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー (will be)