こんにちは、教室長のこうちです。

 

すっかり夏になりましたね!

 

学校も本格的な時間割りになり、

少しずつ学年が上がった実感がわいてくるのではないでしょうか?

 

 

 

さて、本日は百人一首4首目!!

 

④山部赤人

【田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ】

 

田子の浦とは、静岡県の海岸のこと。

富士は、富士山のこと。

高嶺とは、富士の高いところのこと。

ずっと奈良や和歌山を旅していた山部赤人は、

初めて駿河(静岡)に行きました。

 

そこで見た富士山は、山の高いところが

白い雪に覆われており、なんともきれいで美しい姿をしているではありませんか!!

 

その姿に感動した赤人は、この一首を詠んだのです

 

今では当たり前にある富士山ですが、

昔はなかなか拝むことができず、とても神聖な山だと考えられていました。

 

世界遺産にも認定され、日本人の心のひとつとしても

とても身近な山ですね。

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )