こんにちは、教室長のこうちです。

 

塾へ向かっている途中で、

下校している中学生を見ました。

 

みんな元気に学校に行っているようで

ひとまず安心です。

 

 

さて、本日の一首を紹介いたします。

 

⑤猿丸大夫

【奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋はかなしき】

 

奥山とは、山の奥のほうということ。

 

秋のことです。

 

猿丸大夫が、歌の出来を競い合う歌合わせのための

歌と作っているときでした。

 

遠く山のほうから、オスの鹿の鳴き声が聞こえてきます。

 

キューーーーーーーーン

キューーーーーーーーン

 

その声はとても悲しそうに聞こえ、

秋の寂しさをよりいっそう引き立てるのでした。

 

鹿の声を聞いたことがありますか?

 

YouTubeでも動画がありますので

ぜひ調べてみてください。

 

秋頃になら公園に行っても

たまに聞くことができますよ!

 

想像とは全く違う鳴き声に

最初は、鳴き声と気づかないかもしれません!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )