こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日は、雨の日のあいだの晴れの日!!

 

雨が降る前とは違い、

カラっと気持ちのいい晴れですね!

 

マスクで、熱中症にならないように

気をつけてくださいね!

 

 

さて、本日の一首は、

⑫僧正遍昭

【天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ】

 

天つ風とは、天空をかける風のこと。

雲の通ひ路とは、天空の雲の廊下のこと。

 

僧正遍昭が出家し、お坊さんになる前のことです。

 

宮中に仕えていた僧正遍昭は、

五節の舞で踊っていた公卿の娘たちが

あまりにきれいで、天女が舞っているように見えるのでした。

 

しかし、そんなすばらしい踊りにも終わりはあります。

 

その姿をずーっと見ていたい僧正遍昭は、

その舞っていた娘たちを天女に例え、

 

「天女が踊る姿をずっと見ていたい!!

風よ、雲の廊下を閉ざして、ずっと見させてくれ!!」

と歌にしたそうな。

 

歌にするほどですから、

よっぽど娘たちが美しかったのでしょう。

 

そんな感動するような美しい踊りを見てみたいものですね!

 

ちなみに、五節の舞とは、11月に行われる儀式のことです。

公卿の娘が舞うことが、通例だったみたいですね!

 

 

今日から、授業が通常に戻ります。

もちろん、対策も十分にしていますよ!

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )