こんにちは、教室長のこうちです。

 

この梅雨らしく、夜の田んぼには、

カエルがたくさん鳴いていますね!

 

『かえるの合唱』という曲がありますが、

まさに、合唱といっていいほど、聞いていてあきませんね!

 

少しずつ季節も変わっていっているのだなあと感じました。

 

 

さて、本日の一首は

⑰在原業平朝臣

【ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは】

神代とは、神々が生きていた時代のこと。

からくれなゐとは、唐紅色で、中国の赤色のこと。

水くくるとは、絞り染めにしたこと。

 

平安時代一のイケメンと呼ばれていた業平は

あるとき、天皇の后である高子から屋敷に呼ばれました。

 

高子は天皇の后になる前は、業平の恋人だったのですが、

天皇の后になったことで簡単には会えなくなってしまった。

 

そこで、業平に屏風に和歌が書いてもらい、

いつでも思い出せるようにしようと、屋敷に呼んだのでした。

 

 

屋敷に着いた業平が見た屏風には、

美しい紅葉で埋め尽くされた竜田川が描かれていたのです。

 

こんなに赤く染め上がっているのは、

神々の時代でもなかっただろう!

なんと美しいんだ!!

 

昔の私たちの熱い恋を思い出すなあ・・・

 

百人一首で、一番有名な歌なのではないのでしょうか?

 

漫画のタイトルにもなっております。

 

ちはやふるというのは、神という言葉の枕詞です。

 

この歌の舞台になる竜田川は、私の地元に近く、

秋には紅葉で、春にはさくらで見事に川の表情が変わります。

 

ぜひ一度見に来てくださいね!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )