こんにちは、教室長のこうちです。

 

梅雨もいったん落ち着き、

今日は曇り予報ですね。

 

今週末で、梅雨は明けるといっていますが・・・

これからは、暑い日が続きそうなので、水分を忘れずに!

 

 

さて、本日の一首は・・・

(22)文屋康秀

【吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ】

 

「 からに 」 とは、「 ~するとすぐに 」 ということ。

「 むべ 」 とは、「 なるほど 」 ということ。

 

このころは、漢字を分解したりして和歌をつくるという言葉遊びが

流行っていたときでした。

 

文屋康秀は、歌人としては有名で

この流行にのらないわけはありません。

 

あるとき、奥さんと秋の山を散歩していました。

 

秋の山で吹く風は、びゅうびゅうと強く、音を立てています。

 

そのとき、「あっ!!」と文屋康秀は思いつくのです。

 

秋の山の風が吹くと、すぐに草木はしおれてしまう・・・

なるほど!! 

だから、山の風と書いて、嵐と書き、荒らしと読むのかあ

 

こんな気づきまでをも、和歌にしてしまうとは

昔の人々は器用ですね。

 

下の句が、「む」から始まるのは、この和歌だけで

競技かるたの大会などでは、覚えやすいとして有名です。

 

他にも、覚えやすい和歌はたくさんあるので

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

12中では、定期テストがスタートしました!

 

休校が長引いたので、一学期の成績は

このテストで決まるも同然!!

 

今日から3日間、気合入れてがんばりましょう!!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )