こんにちは、教室長のこうちです。

 

本日は、きれいな晴天!!

 

蝉も鳴き、本格的な夏の始まりです!

 

さて、本日の一首は・・・

(25) 三条右大臣

【名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな】

 

「名にし負はば」とは、~という名前を持つということ。

さねかずらとは、つる植物の仲間で木苺みたいな見た目、

小寝(さね)とは、一緒に寝ることを言います。

 

三条右大臣は、恋をしてはいけない相手と

ひそかに恋人関係にありました。

 

しかし、その関係を人に知られてしまい、

会うことを禁止されてしまったのです。

 

2人は、会いたいという気持ちが高まりながらも

会うことができません。

 

そんな中、三条右大臣は、気持ちをさねかずらにのせて

想い人に、和歌を送るのでした。

 

「恋しい人に会えるという逢坂山、一緒に寝れるというさねかずらという名前を持つならば

さねかずらのつるをたぐり寄せて、人知れず、あなたに会えればいいのに。。。」

 

禁断の恋ほど燃え上がるといいますが、

会うことを禁止されてしまうと、恋もできなくなってしまいますね。

 

さねかずらを初めて聞き、調べてみましたが、

とってもおいしそうな実でした!!

 

今でもお目にかからない植物ですが、

このころでは簡単に例に出されるので、身近な植物だったのでしょう。

 

 

12中は、テストが終わってほっと一息な休日です。

しかし、テスト前だけがんばっても意味がありません!

 

テスト勉強よりも量は減らしてもいいと思いますが、

勉強の習慣は、抜けないように気をつけましょうね!

 

 

16中は、テスト期間真っ只中の休日!!

5教科ですが、範囲はちょっぴり多めです。

 

今日は暑いですが、クーラーの部屋で涼みながら

勉強に励んでいきましょう!!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )