こんにちは、教室長のこうちです。

 

今週で梅雨が最後!と天気予報ではいっていますね。

梅雨が明ければ、本格的な夏っ!

 

今も陽射しは十分きついですが、

日焼け対策もきちんとして、元気に学校へ行きましょう!

 

 

さて、本日の一首は・・・

(26)貞信公

【小倉山 峰の紅葉葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ】

 

小倉山とは、京都にある山のこと。

みゆきとは、行幸と書き、天皇が訪れられること。

 

貞信公、またの名を藤原忠平といいます。

 

彼は、関白太政大臣を務め、上皇とともに

京都の小倉山に紅葉狩りをしに来ていました。

 

その年の紅葉は、たいそうきれいで、

すぐに枯れてしまうのがもったいないくらいです。

 

上皇が、「この紅葉を持って帰り、わが子に見せたいものだな」と

残念がっているとき、貞信公が紅葉に和歌を投げかけたのです。

 

「小倉山の紅葉よ、そなたに意思があるのならば、

せめてもう一度だけ、天皇が訪れられることを待ってはくれないか・・・」

 

懇願するかのような問いかけなので、

よほど紅葉がきれいだったのでしょう。

 

この瞬間をみてほしい!という想いは、誰にでもあるものです。

 

今は、写真がありますが、昔は、絵のみでしたので

こうして和歌にして伝えたりもしたのでしょうか。

 

 

7月も後半戦!

コロナ休校が明け、あっというまに1ヶ月が経ちました。

 

まだ学校に慣れていない人もいるかもしれませんが、

これからは夏の暑さとの対決です!

 

夏バテ対策をきっちりした上で、

勉強や部活に励んでいきましょう!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )