こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日から、夏休みですね!

 

子どもたちに予定を聞いていると、

遊びに行く!と答える子もいれば、今年はどこにも行かない・・・という人もいました。

 

通常にはほど遠いですが、

それぞれの夏を楽しむようで何よりです。

 

 

さて本日は、少しだけ戦争についてのお話をしましょう。

 

日本、世界が忘れてはならない日

ヒロシマ・ナガサキ・終戦日

 

今年は、コロナのことばかりで、少し影が薄くなってしまいましたが、

8月6日は、広島県に原爆が落とされた日でした。

 

朝8:15

アメリカからの飛行機が広島上空を飛び、

上空からも確認しやすいTの字の橋、相生橋を目標に原爆が落とされました。

 

ものすごい音と同時に、熱い熱い爆風が起こり、

あたり一面を吹き飛ばしてしまったのです。

 

爆風にあたったところは、火傷になり

皮膚が崩れてしまいます。

 

一瞬のうちに、何もなくなり、何が起こったのかもわかりません。

 

ただ、地下にいた人は助かったのだとも聞いたことがあります。

 

 

8月9日は、長崎に原爆が落とされた日です。

 

午前11:02

長崎に落とされた原爆は、広島のときより大きな「ファットマン」

 

威力は、広島の倍以上。

 

長崎は、山に囲まれた地形なので、広範囲にまで広がることはなかったが、

もし、平坦な地形であれば、長崎だけでなく、他の県にまで被害が及んでいました。

 

 

8月15日 終戦記念日

実際に、ポツダム宣言を受け入れたのは、9月2日ですが、

日本では、戦没者を追悼し平和を祈念する日として、8月15日を終戦記念日として制定しています。

 

8月15日は、玉音放送により、日本が降伏したことを国民に伝えた日なのです。

 

映画『少年H』では、その玉音放送を聴く場面が描かれています。

 

当時の若者は、「死ぬことが国のためになる」と教えられてきました。

 

しかし、戦争が終わったことで「生きろ」と言われ、

どうすればいいかわからなかった人が多かったといわれています。

 

 

今回は、代表的な戦争の日を紹介しました。

 

戦争を経験した人たちは、ご高齢になり

語る人も少なくなってきました。

 

経験していないからわからないではなく、

知ろうとし、わかろうとし、戦争はしてはならないものだと

心に刻んでほしいです。

 

 

 

夏季休暇のお知らせ

8月9日(日)~8月17日(月)までお休みをいただきます。

みなさまも、外出時には十分気をつけて

夏を満喫してくださいね!

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )