こんにちは、教室長のこうちです。

 

本日は、本当に風が強い!

洗濯物が飛ばされる勢いです。

 

校外学習に行っている中学3年生たちは大丈夫なのでしょうか?

 

 

さて、お久しぶりに百人一首シリーズへ戻りたいと思います。

(36) 清原深養父

【夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ】

宵とは、日が沈んで少ししたときのこと。

いづことは、どこということ。

 

夏の夜、清原深養父は奥さんと2人で晩酌を楽しんでいました。

 

その夜は、とても月がきれいで

夜遅くまで眺めて楽しんでいました。

 

短い短い夏の夜

 

まだ月は、空に姿を現しているのに

東の空は、明け始めてきたではありませんか!

 

「こんなに早く明けてしまっては、月が西まで行くことができないじゃないか。

行くことができなかった月は、いったい雲のどこで、泊まるんだろうね」

 

そんな月のことを心配した清原深養父なのでした。

 

実は、清原深養父は清少納言のひいおじいちゃん!

 

歌が上手いと評判だったそうです。

 

その遺伝子は、しっかりと清少納言に受け継がれていますね。

 

恋の歌が多い中、情景の歌が入ると情緒深い人なのかな・・・?と

どんな人物だったかを考えずにはいられません。

 

 

これからは秋も深まり、四季の変化を感じれる季節になってきました。

今年は、芸術の秋を堪能してみるはいかがですか?

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be)