こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日は、ウィルビーに向かう途中に金木犀の香りがふわっと漂ってきました。

金木犀の香りがすると、秋が深まってきたんだなあと感じます。

 

私が見る限り、金木犀の木がなかったのですが、

いったいどこから香ってきているのでしょうか?

 

 

さて、本日は久しぶりに百人一首を紹介していきます。

 

(39)参議等

【あきぢふの をのの篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき】

あきぢとは、ススキに似た植物のこと。

篠原とは、篠竹という背の低い竹が生えている野原のこと。

 

参議等が、宮の通りを歩いていると

ある屋敷から、きれいなお琴の音色が聞こえてきました。

 

「これは、これは、なんて美しい音色なんだろうか・・・」

 

参議等は、この音色に心奪われ、

見たこともないのに、このお琴の女性に恋をしてしまうのです。

 

それから、参議等は毎日のように屋敷の前を通り、

その音色が聞こえてきたらうっとりし、聞こえなかったらがっかりして帰るのでした。

 

「この恋は・・・いつま我慢しなければならないのだろうか。

ああ、この気持ちを伝えたい・・・」

 

「篠竹の野原の中のまばらに生えているあさぢのように

この恋はずっと忍んでいたけれど、もう我慢なりません!

どうしてこんなにも、あなたが恋しいのでしょうか・・・」

 

現代のように、身分に関係なく恋愛ができない平安時代では、

恋心を簡単に表に出すことができないのです。

 

そんな秘めた思いを、参議等はどうしても伝えたかったのでしょう。

 

今も、なかなか自分の気持ちを伝えることができない!ということもあるでしょう。

少し勇気を出して、あなたの青春の1ページを作ってみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )