こんにちは、教室長のこうちです。

 

ここ数日は、とても暖かい日が続いていますね。

これを小春日和というのでしょうか?

 

これから本当に寒くなるのか?と疑いたくなります。

 

 

さて、本日は「紅葉」の疑問について解決していきたいと思います。

 

 

なぜ、葉の色が変わるの?

私が先日見つけたある木がとっても不思議だったのです。

同じ木についている葉なのに、緑の葉や赤の葉、

さらにグラデーションになっている葉まであるんです。

 

すごくきれいなのですが、なんとなく日に当たっているところは

先に紅葉していっているような気がしたのです。

 

そこで、調べてみました!

 

 

変わる仕組みは、葉緑体とアントシアニン!

学校の理科の授業で習ったと思いますが、

葉には「葉緑体」という光合成をして養分を作り出す緑の成分がありますよね。

 

夏などは日差しが強く、たくさん養分を作ることができるので

青々とした緑色になるのですが、秋になると日差しが弱くなります。

 

すると、養分があまり作れなくなるので、

「あれ?これは、葉を落としたほうが効率が良くない?」と

葉緑体が枝のほうへ戻り、緑色が抜け、色が変わり、葉が落ちる仕組みなんです。

 

ただし、この仕組みのときは、

葉は緑色から黄色へと変わります。

 

 

 

では、赤色の紅葉は?

これには、アントシアニンという成分が関係してきます。

アントシアニンとは、エビなどにも入ってる赤い色素です。

 

アントシアニンは、光合成で余った養分が分解されて

作り出されます。

 

そこに、日光が当たると赤々とした色が出てくるのです。

まるで、エビをゆでているように・・・笑

 

というわけで、日光がよく当たるところは

紅葉が早く進み、日陰のところは緑のままということでした。

 

 

街路樹などを見て、日光が当たっているんだなあ・・・と

科学的な面からも秋を感じてみてくださいね!

 

 

 

テスト1週間前になりましたよ~!!

さて、テスト勉強は進んでいるでしょうか?

教科がいっぱいで、課題もいっぱいで追いつかないよ~!と

嘆いてはいませんか?

 

テストなんですから、そこは耐えてやりきってください。

 

つべこべ言わずにやる!

ただ行動に移すだけで、成果が出るんですから!

 

 

残り時間を有効的に使ってぜひとも

点数を上げていってくださいね!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )