こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日もすこーし寒い日が続いています。

といっても、もう11月も終わり・・・

 

私が小さい頃に比べたら

まだまだ暖かいほうですね。

 

 

さて、本日の一首は、

(53)右大将道綱母

【嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき 物とかは知る】

 

その当時、摂政として名を馳せていた藤原兼家はたいそうな浮気性で、

日本の三大美人といわれていた右大将道綱母を妻にもらったにも関わらず

いろんな女性のもとへ足を運んでいたのでした。

 

今夜もなかなか来ない藤原兼家を待っていましたが、

明け方近くになっても来る気配がありません。

 

「もう門を閉めましょう・・・」

諦め寝る支度をし始めると・・・

 

ドン!ドン!ドン!

「兼家が参った!! 開けろ!」

 

少し顔を見せに来ただけなのがわかるような時間帯に

藤原兼家が訪ねてきたのです。

 

右大将道綱母もそれが分かっているため少し反抗することにし、

「開けなくてよい!」と藤原兼家を追い返してしまいました。

 

私の気持ちなんて、兼家様にはわからないんだわ・・・

 

そうして、枯れ始めの菊と一緒にこの歌を送ったのです。

「嘆き悲しみながら、あなたが来ずひとり寝る夜が明けるまでの時間が

どれだけ長いかご存知ですか?・・・ご存知ないでしょうね。」

 

 

浮気は病気と言いますからどんなに言っても治らないらしいので、

そんな男性を愛してしまった右大将道綱母は、大変な思いをしたでしょう。

 

待望の子どもが生まれても、他の女性のもとへ言ってしまうこともあったようです。

いくらたくさんの恋人がいることが当たり前だとしても、これは・・・どうなんでしょう。

 

現代でこんなことをしてしまえば、離婚沙汰になりますし、

全国にはこのような状態の人もたくさんいるでしょう・・・・

 

しかも右大将道綱母は、日本三大美女!

和歌や文章の才能もあったみたいで、そんな女性をないがしろにするなんて!

 

女性目線から見れば、藤原兼家はどうしようもないですね。

 

 

現代の男性たちは、この人!と決めた女性には優しく、

協力的にしていってくださいね!!!

 

 

テスト前日!

3連休は、しっかりと勉強できましたか?

土曜日は、平日かな?と勘違いするような人数の生徒が自習しに来てくれました。

 

みんな自分の勉強に一生懸命取り組んでいました。

 

明日からは期末テストが始まります。

覚えることがたくさんあると思いますが、こぼれないようにそーっと過ごしてくださいね!笑

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )