こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日は、日が出ていてとても暖かいですね。

少し外で運動すると、汗だくになりそうです。

 

汗をかいたらしっかりと拭くなり、着替えるなどして

冷たい風に当たらないようにしましょう!

 

汗をかいて、冷たい風で体を冷やして

風邪を引いてしまいますよ!!

 

 

さて、今年は丑年ということで

丑にまつわることを紹介していきましょう!

 

 

漢字の『 丑 』

一般的に使われるのは、『 牛 』という漢字ですが、

もとは、中国で使われていた『 丑 』という漢字を使います。

 

『丑』は、からむやつかむという意味があり、

芽が種子のなかでなかなか出てこれない様子を表しています。

 

しかし、撒いた種がゆっくりと成長していく2番目の年ということで、

先を急がず、目の前のことを着実に進めていくことが吉となっているようです。

 

 

 

なぜ丑は、干支の2番目?

神様が住んでいた世界で、それぞれの動物の年を決めようということになりました。

その順番は、元旦に神様に挨拶に来た順にしようということになりました。

 

丑は、とても動きがゆっくり。

早朝に出発しても順番に入れないと考え、

前の晩から出発することにしました。

 

前の晩から、ゆっくりゆっくり神様のもとへ歩いていきます。

 

そして元旦・・・

 

まだ誰も着いていない様子な神様のお家の前で

「神様~」と呼ぼうとした瞬間!

 

ピュッと、目の前を通り過ぎたのは、なんとネズミ!

「神様、神様!一番にご挨拶に参りました!」

 

ネズミは、丑の背中に乗って一緒に神様のもとへ向かっていたのです!

 

そういうことで、1番はネズミ、2番は丑となったのです。

 

 

丑は神様の使い

たくさんの動物が神様の使いといわれている中、

丑も例外ではありません。

 

近所にある服部天神宮など

菅原道真をまつる神社には丑の像が置かれていることが多いです。

 

道真が丑年だったからや、黙々と働く丑の様子が学問に通ずるところがあるからなど

なぜ丑が祀られているかは諸説あるようです。

 

 

昨年は、今までにない節目の年となりました。

これを受け、今年はたくさんの新しいことが始まる年となりそうです。

 

いろんなことに興味を持って

挑戦していってくださいね!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )