こんにちは、教室長のこうちです。

 

昨日は、久しぶりの豪雨でしたね!

これからは、雨が降るたびにどんどん暖かくなっていき

春に突入していくことでしょう。

 

今日から少し暖かくなってくるので、

私も衣替えをしました。

 

朝晩は、まだ冷えることがありますので

塾に来るときは寒さ対策をして体調管理に気をつけましょう。

 

 

 

さて、本日の一首は、、、

(79)左京大夫顕輔

【秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ】

 

 

左京大夫顕輔は、父顕季が始めた歌道の家系に生まれました。

そこは、六条家といわれとても有名でした。

 

そこの息子に生まれたため、「歌人とは何か」「歌道とは何か」

「和歌を作るときの注意点」などを仕込まれました。

 

あるとき、いくつかのお題に沿った和歌を集めた『百首歌』というものを作りました。

その中に収録されているのが、この歌です。

 

これは、崇徳院に差し上げたものとして紹介されています。

 

 

「ある秋の夜、空に横たわっている雲が風に吹かれ、

雲の間から、月明りがこぼれでて、くっきりと見えることよ。」

 

 

 

テストの結果は、いかがだったでしょうか?

 

先週、最後の学年末テストが終わり、ほっと一息ついてることでしょう。

 

しかし、昨日からテストが返ってきていることでしょう。

 

結果はどうだったでしょうか?

良い結果だったことを願っています!

 

ぜひ結果を塾にも報告してくださいね!

楽しみしてますよ!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )