こんにちは、教室長のこうちです。

 

連日きれいな晴れが続いてますね。

風も強いですが、これだけ晴れると心も晴れやかな気分になります。

 

残念ながら、土日の部活動はなくなってしまいましたが、

その分、他で発散させる方法を考えましょう!

 

 

さて、本日の一首は・・・

(92)二条院讃岐

【我が袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かはく間もなし】

 

二条院讃岐は、侍女と出かける用事がありました。

 

帰りがけ、海が近いので波打ち際まで行ってみることに。

 

そこは、とても穏やかな海で、海の中まで延々と砂浜が続いています。

 

 

「このあたりにはあまり石がないですね~」

 

「そうですね。干潮になっても全く石が見当たりません。

しかし、沖のほうにはきっとあるのでしょう・・・」

 

「それはどういう意味で・・・?」

 

侍女が聞いたあと、二条院讃岐は返事の代わりに

歌で返事をしたのでした。

 

「私の袖は、干潮になっても見えない沖にある石のように

人には知られず、あの人を思う恋心で、乾く間もなく濡れてしまうのです。」

 

 

その後、この歌は有名になり、

二条院讃岐は、「沖の石の讃岐」と呼ばれるようになったそうです。

 

 

今回も本歌取りの歌になります。

本歌は、有名な和泉式部の

【わが袖は 水の下なる 石なれや 人に知られで かわく間もなし】

です。

 

和泉式部は、水の下にある石と見えるものに思いを寄せて作りましたが、

二条院讃岐は、見えない沖の石に思いを寄せたとして、高く評価されました。

 

他にもさまざまな代表作を残し、出家したそうです。

 

 

新学期最初の1週間が終わりました!

 

新しいクラスはいかがだったでしょうか?

 

新しい校舎はいかがでしたか?

 

ドキドキワクワクで始まった1週間も

ようやく一息をつきました。

 

現在、土日は部活がありませんので、

ゆっくり休めますね。

 

来週からは、本格的に授業が始まるでしょう。

今までと違った雰囲気に違和感を覚えるかもしれません。

 

しかし、徐々に慣れてきます。

 

今まで経験したことがないこともあると思います。

 

毎日楽しみに過ごしてくださいね!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )