こんにちは、教室長のこうちです。

 

今日は家を出た瞬間、寒っ!と秋を感じました。

けど、まだまだ日は強く、まぶしく暑いですね。

 

 

さて、本日は大阪高校へ行ってきましたので

ご紹介していきます!

 

中間層のための学校 大阪高校

大阪高校は、阪急庄内駅より乗り、十三駅で乗り換え

普通で相川駅まで行きます。

 

そこから、歩いて3分!

もう改札出たら校舎が見えている距離です!

 

乗り換えがあるものの、乗車時間は30分ほどなので

通学はそんなに大変ではないと思います。

 

相川駅には、大阪成蹊女子高校やもう一駅向こうには

大阪薫英女学院高校や大阪学院大学高校もあるので、

出会いは十分に期待できますよ!

 

大阪高校は、男子校というイメージがあるかもしれませんが、今は共学です。

 

しかし、男女比は男子のほうが多いような気がします。

女の子には、もってこいの学校かもしれません。

 

学校は歴史があるので、私立にしては少し校舎が古いかもしれませんが、

その分、学びに関しては他の学校とは一味もふた味も違うので、

私個人としては、おすすめの学校です。

 


 

コースは、3種類あり、

文理進学コース・総合進学コース・探求コースです。

 

勉強はもちろんやるのですが、それ以外の部分が魅力的です。

 

まずは、CHOLAゼミ!

こちらは、有志のみで半年間行うゼミ形式の体験型授業です。

 

企業や大学と連携したり、幼稚園の人形劇をプロジュースしたりと

イメージにある座学の勉強ではなく、もっと大きく、社会勉強に近いものを学べます。

 

続いて、放課後ラボ!

こちらも有志で、1回のみの実験をします。

理科系の実験はもちろんのこと、美容に関する体験などもあります。

 

自分に興味がある分野のラボがある場合はとても楽しく参加できるのではないでしょうか?

 

次は、夏期講座!

この講座は、大阪高校の先生たちが考えて授業を作ってくれています。

 

しかし、科目の授業ではなく、先生が好きなものについての授業です。

先生たちのオタク力が発揮されている授業と言ってもいいのではないでしょうか。

 

例えば、鬼滅の刃から鬼に関する授業や、美術館に行く授業、

課外活動に参加するフィールドワークなどもあります。

 

最後は、特別授業!

外部の先生などを呼び、高校では学ばないようなことを学ぶことができます。

 

校舎で行う授業もあれば、見学など外部へ行くこともあります。

 

 

大阪高校は、「おもろい18歳」になろう!というモットーのもと

学校生活を送れるようになっています。

 

文武両道はもちろん、科目の授業だけではなく、

外の世界に興味が持てるような時間を確保してくれているので、

将来に不安がある。

普通の高校生活以上のことをしたい!

変わったことにチャレンジしたい!

などを思っている人は、ぜひ行ってほしい高校です。

 

 

次回のオープンスクールは、10月23日(土)にあるそうなので

ぜひHPから予約してみてくださいね!

 

 

豊中市/小曽根・高川・豊南・浜地区 地域密着型塾

ほめる・寄り添う・つきっきり!

個別指導ウィルビー ( will be )